アートメイク News

県内初 医師法違反 アートメイクの女逮捕/富山


チューリップテレビ 9月14日(月)21時11分配信

医師免許を持たずに医療行為のアートメイクを客に行ったとして、県警は14日医師法違反の疑いで富山市でエステサロンを経営する女を逮捕しました。医師法違反での逮捕は県内で初めてです。「大重容疑者はこちらの店舗で約2年間にわたって、のべ150人にアートメイクを行っていました」(毛田記者)

医師法違反の疑いで逮捕されたのは富山市経堂のエステサロン経営、大重友美(おおしげ・ともみ)容疑者(59)です。大重容疑者はおととしから今年5月ごろにかけ、自宅兼店舗などで、医師免許を持たずに医療行為のアートメイクをのべ150人の顧客に施した疑いが持たれています。医師法違反による逮捕は県内で初めてです。

県警によりますと、アートメイクは眉や目元などに針で色素を入れるもので女性に人気があり、大重容疑者は1回4万5千円で施術を行っていました。県警は大重容疑者の自宅からアートメイクに使用した針やピンセット、麻酔剤など証拠品およそ250点を押収しました。県警の調べに対し、大重容疑者は容疑を認めています。県警はアートメイクを行った詳しい動機や医療器具の入手方法について追求する方針です。

チューリップテレビ
最終更新:9月14日(月)21時11分





 

↑ ページのトップへ

Copyright (C) 日本メディカルアートメイク協会 Japan Medical Artmake Association. All rights reserved.: