アートメイク News

未承認の「アートメーク」機器販売 容疑の女逮捕 皮膚炎の健康被害も


産経ニュース 2016.10.19 15:27更新

 眉や目元に色素を注入する「アートメーク」用の機器を販売したなどとして、警視庁生活環境課は医薬品医療機器法違反容疑で、沖縄県北谷町宮城の会社役員(50)を逮捕した。容疑を認め、「需要が多かった」と話している。

 同課によると、平成16年から今年6月の間、全国の約300業者に1億3300万円を売り上げたとみられる。台湾の友人を通じて入手していたという。浜川容疑者が販売した機器で施術を受けた20代の女性は、細菌感染でまぶたに皮膚炎と結膜炎を発症した。

 逮捕容疑は昨年4月から今年3月、未承認の医療機器を東京都港区のエステサロン店に計3万9000円で販売したなどとしている。

 医療機器の製造販売は厚生労働相の承認などが必要だが、国内でアートメーク用機器が承認を受けた例はないという。





 

↑ ページのトップへ

Copyright (C) 日本メディカルアートメイク協会 Japan Medical Artmake Association. All rights reserved.: